犬も目を悪くする|フィラリアにも効く!レボリューションなど便利な薬が色々あるよ

フィラリアにも効く!レボリューションなど便利な薬が色々あるよ

犬も目を悪くする

薬シート

犬だって年を取ることにより「白内障」になってしまう可能性が十分にあります。
白内障になればまともに散歩も行けなくなってしまうので、これは飼い主としてもしっかり予防していきたいところです。

白内障とは目の水晶体が白く濁ることを指し、ひどい場合はそのまま視力が完全に失われることがあります。
ただ白内障は早期治療を施していくとその進行を抑えられるので、すでに犬を飼っている人は今からでも白内障には注意しておいてください。

もしも白内障にかかったらどんな症状がみられるようになるのか?というと、当然目が見えづらくなってくるので歩き方がおかしくなります。
また目が悪いために色々な動作がスムーズではなくなります。
目が見えづらいことは当然人間と同様に犬にとっても大変苦痛なので、今回はそんな犬の白内障に効く薬を紹介しておきましょう。

その名も「シーナック」という目薬です。
シーナックはNアセテルカルノシンを1%含んでいる目薬で、2010年にはアメリカで特許の承認がされています。
すでにヨーロッパの安全規格CEマークを取得しているので信頼性も抜群です。
犬用の目薬のなかでもシーナックは人気の高い薬で、ずっと使い続けることで水晶体が酸化していくのを抑えられるようになります。
場合によっては白く濁っているのがどんどん薄くなっていくので、そのまま完全に治ってしまうこともあるのです。

なおシーナックはジェネリック医薬品の部類になるので、金額も少し安く手に入れることが可能です。
ジェネリック医薬品は安い上に効果が強力なので、優先的に買っておきたいところです。